HOME | 復活節について

イースターは、イエス・キリストの復活を記念する復活祭

イースターは、イエス・キリストの復活を記念する復活祭のことです。
 そして、教会で最も古い祝日です。
イースター(Easter)という言葉の由来は、アングロ・サクソン民族の、厳しい冬が終わり、あたたかな光の中、いのちが芽生える春を祝う「春の祭り」です。
この祭り、あるいは春の女神の名前は、OSTARAとか、OSTERA、EOSTOREと呼ばれていました。ドイツ語でOsternとなって、英語ではイースター(Easter)となりました。
キリストの復活祭が、春に祝われることから“イースター”と呼ばれるようになりました。
フランス語のパーク、イタリアやスペイン、スウェーデンなどで使われるギリシャ語のパスカは、ユダヤのペサハからきています。これは、「過ぎ越し」の、ギリシャ・ラテン語化されたものです。また、ラテン語のパスカ(Pascha)の語源は、ヘブライ語の一種でイエスが使われたといわれるアラム語の “Pesach”です。
イースターは、クリスマスのように毎年同じ日ではありません。
 イースターは、春分の次の満月のすぐ後の日曜日と定められています。3月22日~4月25日の期間を移動する、移動祝祭日です。
このように決められたのは、325年のニケア公会議においてです。それより以前は、ユダヤ教の、過ぎ越しの祭りとともに祝われてきました。イエスが最後の晩餐(ばんさん)を行ったのが、過ぎ越しの祭りのときであったことからこのときに祝われてきたと思われます。

Laudate | キリスト教マメ知識

 
 

50日間の祝祭

 

 復活節は、復活の主日から聖霊降臨の主日までの50日間です。この期間は主の復活を喜び祝う期間として一つの祝日のように祝われ、典礼では繰り返し「アレルヤ」が歌われました。また、断食は行わず、祈るときにはキリストの復活のしるしとして立つ姿勢が用いられました。そして、5世紀ごろから、復活の主日後40日目に主の昇天を祝うようになると、主の昇天の記念まではキリストの復活を祝い、その後に続く10日間は聖霊降臨の主日の準備期間という色彩が強くなりました。
 現在の教会は古代教会の実践に立ち返り、聖霊降臨の主日までの50日間を一つの祝日、「大いなる主日」(聖アタナシオ『復活祭書簡』1)と位置づけて、キリストの過越の神秘を喜びのうちに祝っています。

 

主の復活の8日間

 

復活の主日から復活節第2主日までは「主の復活の8日間」と呼ばれ、とくに盛大にキリストの復活を祝います。古代教会では、復活の主日に洗礼を受けた人はこの8日間中、とくに秘跡に関する秘義教話(Mystagogia)を司教から聞くために集まりました。その際、彼らは白い衣を着ていたので、この週は「白衣の週」とも呼ばれました。
 主の復活の8日間は主の祭日のように祝われるため、典礼日の優先順位表でも上位に置かれています。8日間中のミサでは栄光の賛歌(Gloria)を歌い、ミサと「教会の祈り」の派遣の祝福には「アレルヤ」を加えます。また、復活の続唱(Victimae paschali laudes)は復活の主日以外の日には任意で歌われます。

復活節 | カトリック中央協議会